【レシピ】疲れた時こそ発酵食品を!『体に優しい麹レシピ』

2016年07月08日(金)

160708front-t


今回紹介する「しょうゆ麹」「甘麹」「塩麹」は、腸内環境を整え、免疫力を上げると共に夏バテ解消にも効果が期待できる万能調味料。毎日の食事に上手に取り入れ、猛暑を乗り切りましょう!

なお、麹の発酵には炊飯器の保温機能をフル活用。60℃程度に保てるタイプが理想ですが、設定できない場合は、フタを開けたままぬれ布巾を内釜にかぶせて保温することで、発酵しやすい温度が保てます。

しょうゆ麹・甘麹・塩麹のつくり方

準備/麹はそれぞれ200gずつ用意。ボウルに移し、ほぐしてから使いましょう。
 
しょうゆ麹
◆材料/麹、しょうゆ300㏄
◆作り方/①麹にしょうゆを加えて混ぜ、ふた付きのガラス瓶かジッパー付きの袋に入れます。
     ②水温60℃のお湯を炊飯器の目盛り4まで入れ❶を沈めてから保温ボタンを押します。約12時間待てば出来上がり

甘麹
◆材料/麹、湯(60℃)200㏄
◆作り方/①麹にお湯を加えて混ぜ、ふた付きのガラス瓶かジッパー付きの袋に入れます。
     ②後はしょうゆ麹の作り方と同様、お湯に❶を入れ、12時間ほど保温します。

塩麹
◆材料/麹、塩60g、湯(60℃)240㏄
◆作り方/①麹に塩とお湯を加えます。よく混ぜ、ふた付きのガラス瓶かジッパー付きの袋に入れます。
     ②しょうゆ麹の作り方と同様、12時間ほど保温して完成です。


160708front01


ページトップへ戻る


人気記事ランキング

エリア別新着記事

カテゴリ新着記事