【オープン】『エスプールプラス』「わーくはぴねす農園」が船橋にオープン(船橋市)

2017年01月23日(月)

170127s-pool-t


170127s-pool01農園の開園式に200人が来場

障がい者の就労支援を行う「エスプールプラス」。2010年に「市原ファーム」を開設し、4年後に茂原、その1年後には市原、千葉、そして2カ所目の茂原農園を同時オープン。今回、県内で6カ所目となる「船橋ファーム(船橋市高根町)」を新設し、1月11日に開園式が行われました。JR「船橋駅」から車で15分の場所に位置するファームには、当日地元の人や関係者など、約200人が来場。2800坪もある広々とした敷地内には、さまざまな野菜を栽培するパイプハウスが4棟、スタッフの休憩所となるトレーラーハウスが6棟ある他、管理棟や収穫した野菜を洗浄する洗い場、大型冷蔵庫なども完備され、訪れた人たちが代わる代わる見学していました。
 

170127s-pool02障がい者が働き幸せになる場所

11時10分からスタートした開園式には、松戸徹船橋市長をはじめ、農園企業や特別支援学校の代表者たちが参列し、開園を祝うメッセージが寄せられました。松戸市長は「障がい者の皆さんが充実して働ける場所ができたことが心強く、活動に期待しています」とコメント。「障がい者の方が健常者と同じように働き、給与をいただき、生活に結びつける流れを、社会全体で作ることが大切。名前の通り『働いて幸せになれる農園』として発展していただきたい」と締めくくりました。さらに参画企業の代表者からは、収穫された農産物は福利厚生の一部として本社スタッフに無料配布されることが説明され「私たちは、形や色合いなど関係なく、食べる人のために作られた……そんな思いが詰まった野菜が届けられるのを待っています」と述べました。

161111s-pool02船橋ファームでスタッフ募集も

「現在、船橋ファームでは参画企業が10社、障がい者の採用が31人、シルバー管理者といわれる高齢者11人の雇用が決定しています」と話すのは、エスプールプラス・社長の和田一紀さん。「今後は、障がい者雇用促進法の雇用率引き上げが予想され、企業、障がい者たちにとってニーズがある事業。もっと多くの人に知ってもらえたら」。今後も県内にて新たな農園の設立を計画中だとも言います。ファームでは、重度の知的障がい者を中心に、農園スタッフを募集しています。随時説明会を設けているので、詳細は左欄参照の上申し込みを。


説明会開催日程(農園会場)

【1月】

24日(火)10:30~

26日(木)10:30~

31日(火)10:30~

【2月】

2日(木)10:30~

7日(火)10:30~

9日(木)10:30~

14日(火)10:30~

16日(木)10:30~

21日(火)10:30~

23日(木)10:30~

28日(火)10:30~

※船橋ファーム現地で10:30から2時間程度
※JR「船橋駅」北口からの送迎も行います
※現地集合・現地解散希望者の参加も対応

説明会開催日程(Katanaレンタルオフィス会場)

◆日程/2月11日(土)・2月25日(土)

◆時間/13:30~ ※2時間程度
◆住所/船橋市湊町2-12-24 湊町日本橋ビル5F
◆交通/JR・東武アーバンパークライン「船橋駅」徒歩12分、京成「船橋駅」徒歩10分
※詳細はお問い合わせください

応募方法・問い合わせ先

FAX、またはメールに、名前・電話番号・説明会希望日時を記載し申し込みを。電話でも受け付け。

問い合わせ

株式会社エスプールプラス

TELで申し込みの方

0120-99-7212  (9:00~20:00)

FAXで申し込みの方

03-6859-6556

メールで申し込みの方

shuurou★spool.co.jp (★印を@に変更して送信してください。)

ホームページ

http://shuurou.spool.co.jp

※株式会社エスプールプラスは(株)エスプール(東証 JASDAQ 上場)の子会社
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-305962
本社:東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル6階


説明会会場(農園会場)

◆住所/船橋市高根町595-1(車でお越しの場合、カーナビに番地を「597-2」と入力)
※タクシー 乗車の場合「高根神明神社」が目印


・問い合わせの際は「ニューファミリーのホームページを見た」とお伝えください。

ページトップへ戻る


人気記事ランキング

エリア別新着記事

カテゴリ新着記事