【コラム】『はなびより』蕾ほころび、桜が笑う頃に

2017年03月30日(木)

hanabiyori-tp


170324hanabiyori「咲」という字には、もともと笑うという意味があり、「笑」には花が咲くという意味があるのだとか。たしかに、美しい花には自然に笑みがこぼれるし、「花のような笑顔」という表現もありますね。

〝花の力は生きる力〟だと思う所以(ゆえん)です。そんな〝花の力〟を少しでもお伝えできればと、10年にわたりつづってきましたが、ラストは桜で締めくくりたいと思います。

小学生の頃、初恋を打ち明けた川辺の桜。家族とお弁当を広げた里山の桜。友と酒を酌み交わしたキャンパスの桜。余命僅かと知った人と一緒に泣いた病院の桜。そして、新しいスタートを心に誓った公園の桜──。

回想するどの桜も、自分の今を支えている花なんだなぁとしみじみ思っています。皆さまにとって、素敵な桜が咲きますように! 長い間ご愛読いただきありがとうございました。

writer 武山 直義(日比谷花壇)
http://www.hibiya.co.jp


ページトップへ戻る